読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんちゃらをかし

いつでも女子について考えています

私と『はてな』について考えてみた。

徒然 お知らせ

お題「ブログをはじめたきっかけ」

ごきげんよう、そらちねです。

ここ3カ月ほどブログを書いておらず、Twitterもあまり動かしていない今日この頃ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

さて今回は、はてなID取得&ブログ2周年に際し、今後のことについて色々と考えていたところ、「ブログをはじめたきっかけ」というドンピシャなお題がありましたので、これを踏まえつつ、標題の通り、「私とはてなについて」をぱらぱらと書き散らしてみようと思います。

PB061971.JPG

続きを読む

バレンタインにまつわるクソ男たちの話

恋愛 徒然

ごきげんよう、そらちねです。

今週のお題「バレンタインデー」

http://www.flickr.com/photos/13907834@N00/8475113858

photo by MSVG

ということで、昨日は、日本三大・ロマンスがありあまるイベントの1つ、バレンタインデーでしたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。(※ちなみにあとの2つはクリスマスと誕生日だと思っています)

私はと言うと、昔バレンタインに別れたクソな元彼氏とゲスが極まった私の話でも書こうかと思っていたのですが、あまりにも長くなってオチが見つからないまま忙しさにかまけてバレンタイン当日に至った結果、別の元彼氏から、『彼女の浮気で別れるかも』という速報が入り頭を抱えている昨今です。

 

続きを読む

『ブロガー』と『メディアクリエイター』と『役割』のお話。

徒然

ごきげんよう、そらちねです。

最近、『ブロガー』だったり『メディアクリエイター』だったりの話が白熱していたようですが、一応ブログを書いている身として、思っていたことを気ままに綴ってみたいと思います。

http://www.flickr.com/photos/49268016@N04/5406459295

photo by erink_photography

 

続きを読む

《comico》おすすめ漫画20選(公式&チャレンジ)

感想

ごきげんよう、そらちねです。

実は無類の漫画好きの私ですが、先日、このような記事を見つけて喜び勇んでブクマいたしました。

comicoのベストチャレンジ作品のおすすめ作品(3)22選 - 物ノート

これ!ほしかったやつ!一番読んでる作品が多かったのでブクマ〜(^8^)

2016/01/17 11:49

で、記事を読んでたら、私もcomicoのいちユーザーとして、おすすめ作品を紹介したくなったので、紹介します!

ただ、読んでる作品が多すぎたので、公式作品は「先を楽しみにしている」チャレンジ作品は「個人的に注目している」という基準で選びました。

※comicoは運営がマネージメントしている公式作品と、ユーザーが任意で作品を投稿しているチャレンジ作品の2種類の区分けがあります。あと、全部縦スクロール形式の漫画ですので、苦手な方はお気をつけください。

 

ではいってみよ~~~(((((((((((っ・8・)っ

 

続きを読む

私が、北川景子に萌えてベッキーに萌えない理由

女子語り 徒然

ごきげんよう、そらちねです。

SMAPが解散するか否かで盛り上がる今日この頃ですが、女性に肩入れしている身としては男性のことよりも考えるべきことがあります。

ということで、タイトルからもお察しの通り、この度めでたくご結婚された北川景子さんと、この度痛ましい不倫騒動の渦中におられるベッキーさんについて、心にうつりゆくよしなしごとを綴って行きたいと思います。

 

二人に対する私的な印象

二人とも、タイプは違いますが、美女で好感度が高い、という印象。好きか嫌いかと問われたら、もちろん、好きな方に入ります。

ただし、共通するところはそこだけです。

私は元より、北川景子さんの公式LINEをフォローする程度には北川景子さんに対して関心を抱いており、対してベッキーさんはLINEの公式イメージキャラクターだということすら知らない程度の無関心ぶり。

なぜかって?

北川景子』は萌えるけど、『ベッキー』は全く萌えないからです。

いや、萌えって言葉が正しいのかどうかわからないですけど、実際のところ、景子様のことは結構頻繁にLINE来ないかな元気かなってソワつくときあるけど、ベッキーのことは不倫報道の時まで存在を忘れているぐらいには愛情の差がある!!

ということで、何故、愛に差が出てしまったのか、考えてみました。

 

萌える理由、萌えない理由

まずは、北川景子さんに萌える理由から。

  • 顔がどちゃくそ好み
  • 宝塚が好きなので話合いそう
  • セーラームーン時代を黒歴史にしていないどころか超大事にしている
  • ブログから見え隠れする知性の高さ
  • LINEがどちゃくそかわいい
  • ちょっとドジなのか天然なのかわからないけど何となく漂う不器用感
  • 好みの美人が幸福に人生歩まれているか折に触れて確認していきたい

【結論】推すしかない!!!!!!!

 

対して、ベッキーさんに萌えない理由を考えてみたところ…

  • 顔はあんまり好みじゃない
  • 本人の趣味嗜好が見えないので話合わなさそう
  • 元気キャラの割に周りに気を使われている(使わせている)感
  • 優等生キャラの割に発言内容に知性が感じられない
  • とはいえコミュ力高そうだしいい子なんだろうから何なと生き残っていきそう
  • 良さはそれなりに理解できるけど私が頑張って応援しなくてもよさそう

【結論】推さなくてもいいや!!!!!

 

…うん、何となく分かってたけど、結論がひどい。

しかし、真理でもある。

 

どこで萌えが分かたれたのか

 推せる推せないはともかくとして、北川景子さんとベッキーさんに対する私の中のイメージや属性を、できるだけフラットな気持ちで整理するとこういう感じかな、と思います。

要素北川景子ベッキー
容姿 美人 美人
印象 クールと思いきや朗らか 元気で感じのいい子
キャラクター 真面目 優等生
属性 (宝塚)オタク リア充
友人 大切にする 多そう

 

この表を改めて見返した時、

ああ、ここが萌えの分かれ道か…

って悟ったのが、

北川景子さんの『憧れる女性』感と、ベッキーさんの『圧倒的無個性』感。

 

もし、芸能人の誰かに入れ替わる装置が発明されたとして、『北川景子』となら1日入れ替われるなら入れ替わってみたいけど、『ベッキー』は別にいいや。だってベッキーみたいな子、友達に何人かいるから。って思っちゃうわけです。

無個性が悪いという話ではなく、身近にも存在するから特別視する必要がないんですね。

 

それはこの度の結婚と不倫の内容にも表れていて、

北川景子さんの結婚エピソードは、北川景子』にしか実現できなさそうな結婚で、

ベッキーさんの不倫エピソードは、ベッキー』じゃなくてもやらかしそうな不倫なんですよね。

 

結局のところ

過去の小保方さんを愛でる記事を読んだ方はここらで既にお察しと思いますが、結局私は、『“普通”の範疇から外れる女性』を愛しているということですね。

何となく気付いてましたけど、改めて文字に起こすと、自分の残念さが冬の寒さよりも身にしみる………

 

……お、お粗末!!/(^8^)\

 

関連記事

clucklucklucky.hatenablog.com

clucklucklucky.hatenablog.com

モテってどんなものかしら ~『モテ』の定義と『モテる人』に共通すること~

恋愛 モテってどんなものかしら

ごきげんよう、そらちねです。

正月ボケもようやく抜けはじめた今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

私はというと、ここ数年、それなりの優先度で『モテ』について考えを巡らせていまして、そろそろブログ書けそうかな~という気持ちが高まってまいりました。
ということで、「モテってどんなものかしら?」と考えてみた結果を、たまにちょこちょこまとめていきたいと思います。

今回は、【『モテ』の定義と『モテる人』に共通すること】

早速いってみよ~~(((((((((((っ・8・)っ

 


《 目次 》


 

『モテ』の定義とは

そもそもの話なんですが、周囲の色んな人と『モテ』の話をしていた際、そもそもとして『モテ』の定義が、差があることに気付きました。
当然人に寄る部分はあるのですが、結構はっきりと男女差が出ましたので、ざっくりとまとめてみました。

男性の言う『モテ』
  • 女性側から、恋愛のきっかけになりそうなアプローチを受けることが珍しくない。
  • 本人基準で「あわよくばセックスに至れそうな女性」の知り合いが複数人いる。
女性の言う『モテ』
  • 男性側から、告白をされる等の明確な恋愛的アプローチを受けることが珍しくない。
  • 一般的に「恋愛対象となりえる男性」の基準を満たした男性の知り合いが複数人いる。

男女共に、少なくともどちらかを満たしていないと『モテ』には至らないと思う人が多かったです。

見比べてもらえればわかりますが、男女で差があるのは下記2点。

  1. アプローチについての男女の認識の差
  2. 恋愛対象と認識する異性の基準差

早速、詳細いきましょう。

 

アプローチについての男女の認識の差

男性
女性側から、恋愛のきっかけになりそうなアプローチを受けることが珍しくない。
女性
男性側から、告白をされる等の明確な恋愛的アプローチを受けることが珍しくない。

男性の場合は、女性から「恋が始まるきっかけかも」と思わせられるような言動や行動があれば、モテと認識するのに対して、女性の場合は、男性が「彼氏の座を狙っているのかも」と思わせられるような言動と行動があって初めてモテと認識する傾向が強いように感じました。

理由を考えたのですが、

  • 恋愛市場において、男性は能動的、女性は受動的に振る舞う方が成功確率が高い
  • 男性は必要な用件がない限りコミュニケーションをとる必要性を感じにくい人が多い
  • 女性は必要な用件がなくてもコミュニケーションをとることを特別視しない人が多い

というような、傾向が強いからだろうな、と。

実際、よくよく聞いてみたら、ほぼ例外なく、男性の場合は「わざわざ声をかけてきて二人きりになる場面を受け入れる女性は自分を意識してくれている人だし、自分も女性に対してそう思っているから、恋愛に発展する可能性が高い」という理由でモテにカウントしていたし、女性は「遊びに誘われる程度ではモテではなく、付き合いにつながると確信できる行動・言動があることは最低条件」という視点でモテを認識しているようでした。

 

恋愛対象と認識する異性の基準差

男性
本人基準で「あわよくばセックスに至れそうな女性」の知り合いが複数人いる。
女性
一般的に「恋愛対象となりえる男性」の基準を満たした男性の知り合いが複数人いる

こちらの場合、大きく男女差が出たのが、セックスに関する基準。

  • 男性の場合、恋愛対象でなくても性的接触は拒否する必要はない
  • 女性の場合、恋愛対象でなければ性的接触をする必要はない

というのが、本件ヒアリングした人達には概ね多かったのですが、恐らく一般的にもそういう価値観の人は多いのではないか?と思いますがどうでしょう。

人間としての生理的な部分の影響ももちろんあると思いますが、男性が恋愛≠性欲なのに対し、女性は恋愛⇒性欲となるのがセオリーみたいなとこありますね。平凡な男性主人公のハーレムものや騎士道精神の根付いた異世界トリップラブコメがそれなりに安定して売れてるっぽいことを考えれば、願望の部分でも理想の姿ではあるということでしょう。

あともう一点、恋愛対象と認識する異性の基準として、男性は「自分の評価」が基本軸なのに対し、女性は「他人の評価」が影響しやすい面が強く出てました。これは人間の生理どうこうというより、日本人的な部分もしくは私の周囲にそういう人が多いだけなのかもしれませんが…。

 

『モテ』の定義に違いあれど、『モテる人』に共通すること

ということで、男女で差があった、

  1. アプローチについての男女の認識の差
  2. 恋愛対象と認識する異性の基準差

ですが、まとめると、

男性は自分目線が主軸の(都合が)いい女
女性は他人目線が主軸の(都合が)いい男
周囲に沢山いるかどうか

が決め手かな、と思います。

で、あえて()で括りましたが、ここは個人的にしみじみ実感する部分でして、

 

モテるって結局、男女関係なく、自分にとって「都合がいい」相手が複数いるってことなんですよね。

 

ここで誤解していただきたくないのが、「都合がいい」っていうのは、使う人によって意味が変わってくるところ。

 

新しくお店を経営したい人は、売り上げの安定の為に、常連や新規客を連れてきてくれそうな人にモテた方が都合がいい。

お金に困らない生活をしたい人は、お金を稼ぐ方法を知っている人にモテた方が都合がいい。

セックスしたい人は、セックスさせてくれる可能性が高い人にモテた方が都合がいい。

 

都合がいい相手のビジョンが明確なほど、出会うべき人がどんな所にいるか分かっているし、どうやって気を引いて仲良くなればいいのかの対策を立てやすい。

本当にモテる人っていうのは、「生きていく上でモテた方が楽」って知っているからモテているだけです。しかも上級者であればあるほど、老若男女関係なくモテる。

 

つまり。

『モテ』の定義に男女差あれど、『モテる人』とは「都合がいい」相手に好かれる能力を有する人のこと。

 

それが具体的にどういうことなのかは、後々じっくり書いていきたいですが、長くなること必至ですので、本日は一旦このあたりで。 

 

お粗末!

ブロググループに参加してみたので過去記事を振り返ってみる

徒然

ごきげんよう、そらちねです。

2016年の目標を立てたことですし、次は何の記事書こうかな~と思いつつ、はてなブログ界隈をうろちょろしていたら、今更過ぎますが、見つけました。

何をって?ブログチャレンジです。

そういやはてなブログってここ1年ぐらいで色々アップデートされている気がするけど、詳細について無知すぎるし、丁度いいから改めて仕様を確認してみよう!と思い立ってリストをざっと確認したところ。

ブロググループって何ぞや?

となったので、早速見てまわりつつ、今書いている記事を思い返して、それっぽいグループに登録してみました。

ので、自分の備忘録をかねて、参加しているグループと、それに沿った過去記事をざっくり紹介してみようと思います。

 

恋愛系

何だかんだで恋愛絡みの記事を書いてる気がします。女子絡みというか。今後も増えそうなので2つぐらい登録しておきました。

 

参加グループ

 

該当記事

clucklucklucky.hatenablog.com

clucklucklucky.hatenablog.com

clucklucklucky.hatenablog.com

clucklucklucky.hatenablog.com

 

感想系

こまごま感想書いてる記事もあるし、今後好きな漫画や本の話もしたいので登録。宝塚は1年に1記事ぐらいの頻度ですが、一応入れておきました。

 

参加グループ

 

該当記事

clucklucklucky.hatenablog.com

clucklucklucky.hatenablog.com

clucklucklucky.hatenablog.com

clucklucklucky.hatenablog.com

 

その他

とりあえず全体的に該当してそうなやつとか、気になったものをいくつか登録してみました。

※このカテゴリーは、どの記事を紹介すればいいのか分からないので、該当記事は省きます。

 

参加グループ

 

ひとまずこんなところです。

もしも、ブロググループからここまで辿り着いた方がいらっしゃいましたら、よければ上記を参考に、各記事に目を通してみていただけると嬉しいです~\(^8^)/

ということで、今回はさっくりとこのあたりで。

お粗末さまでした~!